【動物の泣ける話】大好きなサチヘ



前の飼い主の都合で初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっとないていたね。

最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。

小学生の時、空き地でお前とよく追いかけっこしたよね。

速かったなぁ。

全然追いつけなかったよ。

買い物に行った時なんかは、柱に紐をくくりつけておけば、きちんとお座りして待っていてくれたね。

利口なお前が本当に大好きだったよ。

可愛かったなぁ。

俺もお前をよく可愛がったと思うが、お前もよく俺になついてくれたね。
でも、年をとるにつれ少しずつ元気がなくなっていったね。

家から五分の公園に行って、ベンチにチョコンと座ったまま動かないんだもんね。

しょうがないから二人でボーっとしてたね。

なんか日向ぼっこしてるみたいだったな。
最期のほう、散歩ついて行かなくてゴメンよ。

前は庭に出るだけで、駆け寄ってきたお前が小屋から出るのも、大変そうにしてるのつらくて見てられなかったんだ。

でもあの時サチは死なない。

死なない。

て何の根拠もなく、勝手に思い込んでいたんだ。

だからお前が死んでしまったって、母親が言ったときとてもじゃないけど信じられなかったよ。
冬の寒い朝だったね。

小屋からでて口を少し開けて、本当寝てるような感じだったよ。

あの時、頭をちょっと撫でただけですぐに二階に行ったのは、あのままずっとお前を見ていたら
涙が止まらなくなってしまいそうだったからだよ。

もうお前がいなくなってから
犬は飼っていません。

飼う気もおきません。

頭を撫でてやると耳をずらし、目を細めるお前の顔は一生忘れません。

最期の方
お前をかまってやらなくてゴメン。
本当にゴメン。
今でも後悔してるよ。
お前は、他人から見れば、ただの雑種ですが、俺にとっては家族であり、親友であり、そして何よりかけがえのない大切な存在でした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする