母親の話

母親の泣ける話を紹介します。母親の感動する話、泣ける話を読みたい方はこちらをのぞいてみてください。涙腺崩壊必須です。

母が握りしめていたタクシー代

俺は母子家庭で育った。

当然ものすごく貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。

だから俺はバカなりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。

そして俺は貧乏な母子家庭のくせに、母に仕送りしてもらいながら学生生活を送り始めた。

今思えば母は相当懸命に働いてくれていたはずだ。

だけどバカな当時の俺はそんなことにも全く気付かずお気楽に学生生活を送っていた。

そして迎えたある夏休み、俺は久しぶりに実家に帰省した。

そして相変わらず貧乏くさい母と2日ほど暮らした後、一人暮らしの部屋に戻る際、冗談でちょっと言ってみた。

「荷物多いから、タクシー代くれんね?」

そしたら普段はのんびりとした性格の母が、

「何言いよんね!あんたに仕送りして母ちゃんカツカツで生活しとんのに、そんなお金出せるわけなかろ!」って、珍しく切れた。

そんな母の姿に、若かった俺は逆切れしてしまい勢いで電話でタクシーを呼んでしまったのよ。

もう、俺も母も意地になっていてどちらも口をきかなくなってしまった。

せっかくの久々の帰省だったのに、気まずい空気が流れ始めたころタクシーがやってきた。

俺も母もどちらも黙りこくったまま。

俺は無言で家を出るとタクシーに飛び乗った。

「もういいや、こんな貧乏な家とはもうお別れだ、もう二度と帰って来てやるもんか」。

そんな風に思い始めたころタクシーがゆっくり出発。

するとその時、母が家から飛び出てきたんだ。

手には、おそらく家のどこかに大切にしまい込んでいたであろう1万円札と思しきお札が握りしめられていたんだ。

俺はつい意地を張ってしまった自分の情けなさと母への申し訳なさで、気づけばタクシーの中で一人で泣いていたよ。

みんなも忘れないでいて欲しい。

どんな時も、母は我が子のことを思ってくれているってことを。

俺はタクシーの中で涙をこらえながら、母への感謝の気持ちが抑えきれんかった。

あの時、母が握りしめていた1万円札は、俺がこの先どれだけ働いて母のために恩返しをしたところで、その価値を超えることは絶対にできないくらい貴重なものだったと思う。

母ちゃんごめん。

俺社会人になって母ちゃんをもっときれいな家に住まわせることができるようになったら、タクシーで迎えに行くから。

その時俺は心に誓ったよ。

でも、母はきっとこう言うと思う。

「タクシーなんて乗らんから、そのお金でもっとしょっちゅう顔見せに戻ってきて」。

母ちゃん、本当にありがとう。

父が母に送った保護メール

俺は今高3なんだけど、10月26日に父親が死んだ。
凄く尊敬できる素晴らしい父親だった。
だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくってた。

それから2ヶ月くらいたった最近は、まだ元の生活には戻れてないけど多少はみんな落ち着いてきてた。
そして今日、俺はなんとなく父親が母親にどんなメールを送っていたのかと思って、少し悪いと思いつつも、タンスの引き出しにしまってあった、今年の8月まで母親が使っていた携帯を手に取って、父親のメールを見た。

メールの内容は、恥ずかしがり屋な父親らしく、
「めしはいるか」だとか「何時もの時間に帰る」だとか「どこにいる」だとか、「?」もついていなくてすごいそっけないものだったので笑ってしまった。
どれも同じ内容ばっかりだなーとか思っててきとうに流していると、母親の携帯のメール一覧の一番下に、保護しているメールが一件だけあった。
それは去年か一昨年の8月3日の父親からのメールだった。

「今日も、1日がんばれ」

ただそれだけのメールだったし、8月3日がもうなんの日だったかは覚えていないんだけど、その短い文章に、照れ屋な父親の優しさが物凄く現れてて、そしてそれをもらって凄く嬉しかったのかそのメールを保護してある母親のことも考えたら、胸が熱くなって思わず泣いてしまった。

どうしてもこの気持ちを誰かに伝えたくて、だけど友達にわざわざ電話する内容でもないしって思って書いちゃった。

母の愛に感謝する話

彼は幼い頃に母親を亡くし、
父親と祖母と暮らしていました。

彼が17歳の時に、急性骨髄性白血病にかかってしまい、
本人すら死を覚悟していましたが、
骨髄移植のドナーが運良く見つかり、死のふちから生還しました。

続きを読む

メール

私が中3になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。

当時の自分はそれこそ受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なんだろうか、お金は大丈夫なんだろうかとかそんなことしか考えていませんでした。

続きを読む

義母

俺を生んでくれた母親は俺が2歳の頃に死んだ。後の親父の話では元々、体が丈夫な人じゃなかったらしい。

俺が6歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。
ある日、親父が「今日からこの人がお前のお母さんだ」といって連れてきた。新しい母親は俺を本当の子供のように可愛がってくれた。
家族とか血縁とかまだ分からない頃の俺にとって義母が本当の母親だった。

続きを読む

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。

自分は違う地方に住んでいたのだが、電話で聞いた時にはどうする事もできず、ただひたすら号泣しながら高速を運転して実家に戻った。

続きを読む

オレオレ詐欺

ある日、叔母さんのうちに一本の電話がかかってきた。

「こちら警察のものですが、お宅の息子さんが事故を起して通行人に怪我をさせてしまいまして、
被害者の方から示談で良いとのことで、至急こちらの口座に振 り込んでいただきたいのです。ただいま、息子さんに代わりますね・・・」

続きを読む

お母ちゃんのシワ

今日珍しく俺は母ちゃんを外食に誘った。
行き先は昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。
俺は味噌大盛り、母ちゃんは味噌並み盛りを頼んだ。
「昔からここ美味しいのよね」って、柄にもなく顔にシワよせて笑ってたんだ。

続きを読む

僕を支えた母の言葉

僕が3歳のとき父が亡くなり、その後は母が女手ひとつで僕を育ててくれた。

仕事から帰ってきた母は、疲れた顔も見せずに晩ごはんをつくり晩ごはんを食べた後は内職をした。

毎晩遅くまでやっていた。

続きを読む

後悔の念が見せた夢

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。
母がパートに出て何とか生活できている程度の生活だ。
学校の集金のたびに
母親がため息をついていたのをよく憶えている。
別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、
高校の入り、進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。

続きを読む