泣ける映画

【感動する映画】タッチ 背番号のないエース

双生児の兄弟、上杉達也と和也は、幼なじみの浅倉南と三人揃って明青学園の高等部へ進学した。

中学時代からピッチャーとしてならした和也は、野球部へ入部を決めたが、達也は何とはなしに迷っていた。

南の言葉や、達也の運動神経を見抜いた野球部部長、児島悠子の勧めもあって、達也は野球をやる決心をする。

だが、野球部の部室まで来た時、和也とマネージャーとして入部した南を、公認カップルのようにはやしたてる部員たちの声を耳にしてしまう。

そして、ショックを受け、友人、原田に誘われるまま、ボクシング部に入った。

幼い頃、達也と和也と南で遊んでいた時、南が何気なく言った一言、「南、ピッチャーが好き」。

その時ジャンケンで決まったピッチャーは和也。それが知らず知らずのうち、達也の中にわだかまりとなって残っていた。

それ以来、達也は南からも野球からも遠去かって来た。南が本当に好きなのは達也ではないかと想った和也は、達也に話してみる。

「つまんないこと考えずに、甲子園をめざせ」と言う達也。

甲子園は南の夢なのだ。地区予選が始まった。

ところが明青の第一回戦と同じ日に、達也の練習試合が重なった。

そして、和也は勝ち、達也は負けた。その夜、上杉家での和也の祝勝会、傷ついた達也に南はやさしくキスをした。

明青は勝ち進み、決勝戦の前夜。和也は「ずっとそばにいてほしい」と、南に愛を告白した。

南は「いつまでも三人で一緒にいたい」と返事する。

和也は想いをふりきるように、南の額にキスをした。

翌日、母に言われて和也にお守りを渡すため、達也は一人先に球場に向かった。

試合が始まるが、二人共姿を見せない。

明青は黒木をピッチャーに、苦戦を強いられながらも頑張る。

不安になった南に頼まれて、原田が様子を見に飛びだして行った。

和也は子供を助けようとして、トラックにはねられ、病院で息をひきとったのだった。

ユニフォームを着た達也が球場に現われ、黒木に代わってマウンドに立った。

皆、和也だと思っている。

悠子が和也の死を一同に告げた。

試合に勝っても没収試合になる。

が、頑張っている達也を見て、ナインは燃えあがった。

原田から和也の死を知らされた南も、涙を流しながら達也の姿を追っていた。一点のリードを背負って、苦しみながら達也
は投げ続け、ラストバッターを打ちとった。

【泣ける映画】マリリンに逢いたい

あらすじ

中里大輔は故郷沖縄で民宿を開くため、東京で拾った小犬のシロと共に帰ってきた。シロは座間島の民宿「たましろ」の娘・佐和子の飼うマリリンという雌の小犬が気に入った様子。

大輔もそこで東京から来ていたOLの久保田皆美に初めて会った。大輔は座間味島から3キロ離れた阿嘉島で民宿の建設を始めた。

やがてやくざな兄・達郎も帰郷して手伝うことになった。シロは3キロの海を渡って頻繁にマリリンに会いに行く。

大輔の民宿「ココ・クーラー」の最初の客は皆美だった。

彼女は近々カメラマンをやめ、結婚することになっていた。

達郎はシロをTVに売り込もうとして那覇に連れていくが失敗、そこでシロは野犬に襲われて怪我をするが、それでもマリリンに会いに行くことをやめようとしなかった。

達郎の寝煙草でココ・クーラーが火事になった。

大輔は皆美に愛を告白するが、彼女は結婚の準備に東京へ帰るという。

そんなときマリリンが病気で死んだ。

シロはマリリンに会うため、傷を負った足を引きずりながら海を渡っていった。このまま皆美と別れていいのか悩んでいた大輔は、後を追いかけ空港で2人は再会した。

解説

沖縄の阿嘉島の民宿で飼われていた雄犬シロが、対岸の座間味島にいる恋人の雌犬マリリンに逢うために海を泳いで渡った実話を元に製作された。原作・脚本は野沢尚。シロ役は本物のシロが演じたが、本物のマリリンは撮影当時すでに事故で他界していたため、他犬を用いた。

キャスト

安田成美(久保田皆美)
加藤昌也(中里大輔)
笑福亭鶴瓶(清掃職員)
石野真子(モデル)
石野陽子(杏子)
相楽晴子(理恵)
久我蛍子(玉城佐和子)
嶋大輔(尾形研司)
鈴木清順(獣医)
原吉実(大輔の同僚)
入江若葉(玉城治子)
春川ますみ(中里かつ江)
河原崎長一郎(玉城元太郎)
三浦友和(中里達郎)

【感動する映画】きみに読む物語

『きみに読む物語』のあらすじ

365通の手紙。白鳥の住む湖。-あの雨の匂い。想い出が少しずつ、きみからこぼれていく。だから、きみが思い出すまで、ぼくは読む。
憶えているだろうか。きみはまだ、17歳だった-。ある老人ホーム。初老を迎えてはいるが、未だに美しさを失っていないアリーは夢想に浸っている。そんなアリーに「もう寝る時間だよ」と優しく声をかける、デュークと名乗る一人の男。彼を見つめるアリーの目には、最愛の夫ノアが、デュークの姿と重なりあって写っている。

続きを読む

【感動する映画】Love Letter

深夜のTVドラマで注目を集め、後に『スワロウテイル』などを生んだ岩井俊二監督の長編デビュー作。誤送されてしまった一通のラブレターから始まる、冬の小樽と神戸が舞台のラブ・ストーリーです。

続きを読む

【感動する映画】火垂の墓

自らの体験を基に描かれた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化した作品です。
制作はスタジオジブリ、監督・脚本を『おもひでぽろぽろ』などの高畑勲が務めました。

続きを読む

【泣ける映画】南極物語

南極大陸に取り残された兄弟犬、タロ・ジロと越冬隊員が1年後に再会する奇跡の実話です。

樺太犬たちの生への奮闘と苦悩する南極観測隊員の姿を、創作を交えスケール感たっぷりに描きます。

続きを読む