ピーちゃんとの別れ



10年前に飼い始めたコザクラインコのピーちゃん。

ピーちゃんという名前は、子供のころからぴーぴー鳴いていたから。

ピーちゃんは、飛行機に乗って遠く九州から東京にやってきました。

宅急便の箱の中を開けたら、きょとんとして周りを見渡していました。

餌を上げるとバクバクと食べ始めました。

それからは毎日、追いかけっこをして遊びました。

やがて大人になり、手にかみつくようになり、コザクラインコ特有の狂暴性を身につけました。

それでも、手の中に入ったり、肩に乗って体を震わせたりして、甘えていました。

そんなぴーちゃんも、もう10歳になりました。

このころになると、羽の力が弱くなったのか飛ぶことができなくなりました。

トコトコと歩いて、かごから出て、トコトコと歩いてかごに戻っていきました。

やがて体温調節もできなくなったのか、かごの中でうずくまっていることが多くなりました。

人間と同じような老衰になってしまったのでしょう。

電気のヒーターを買ってあげるとそこで体を必死に温めていました。

コザクラインコには、自分がどうなってしまったのかわからないのでしょう。

ひたすら具合の悪さを改善しようとしていました。

いずれかごにも入れなくなり、かごの上で生活するようになりました。

鳥の習性でしょうか、その状態になっても、寝床をよごさないように糞するときは下に落とすために隅に移動します。

そんな状態が数日続いたある日、ぴーちゃんが落ちる音がしました。

見ると、かごの上から転落し、あおむけになってもがいていました。

ぴーちゃんを手で拾い上げると、一度、強く噛み、そのまま息絶えてしまいました。

おそらく糞をするために隅に移動して、そのまま転落してしまい、弱っていた心臓が停止してしまったのでしょう。

本当に手がかかる鳥でしたが、楽しい思い出を残してくれました。

さようなら、ぴーちゃん。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする