ポメラニアンのチロルを引き取った



家で飼ってた犬の話。

私が中学生のころ、保健所に入れられそうになっていた4歳のメスのポメラニアンを引き取った。

名前は、前の飼い主がつけたらしい「チロル」

チロルはほんとうにとんでもない犬だった。

名前を呼んでもこないし、振り向きもしない。

餌のときだけ私に尻尾を振る嫌なやつだった。

出かけるときは馬鹿みたいに吠えるし、愛想もないから、道行く人にもすぐに吠えるダメ犬だった。

そのたびに恥ずかしい思いをしていた。

その上臆病者のため、すぐに噛む。

噛む噛む噛む。

私も姉もめちゃくちゃ噛まれまくって、そのたびに泣いたよ。

本当なんでこんなやつ引き取っちゃったんだろうって、本気で思ったこともあった。

「こんな恩知らずいらないよ、あんたなんかいらない!」

なんていっちゃったこともある。

今思えば、前の飼い主に捨てられて、いきなり違う家に連れて行かれて色々ストレスもあったのだと思う。

本当にしょうもない犬なんだけど、チロルとの散歩は嫌いじゃなかった。

特に家の裏にある原っぱは、チロルのお気に入りで、連れて行ってやれば蝶々を追いかけながら尻尾を振って喜んでた。

本当にむかつくんだけど、可愛くてしょうがなかったんだ。

その日は生憎の雨で、面倒だったこともあって散歩を中止にしてしまった。

それがいけなかった。

チロルはどうしても原っぱで遊びたかったらしく

開いていた窓から飛び出し、一人で散歩に出てしまったところ、車に惹かれて死んでしまった。

去年の露のことだった。

外で今まで聴いたことのない

チロルの叫び声が聞こえてきて、すぐに駆けつけた。

そこにはぐったりと寝そべっているチロルがいた。

車はすでにいなかった。

まだ息をしていたから頭真っ白になりながらチロルの名前を呼んだ。

混乱して何度も体をさすった。

近所の人が集まる中、最後に名前を呼んだとき、ゆっくりこっちを見て、静かに「わん」って返事をして死んでしまった。

いままで名前を呼んだってふりむきもしなかったくせに、・・・なにそれ。

自分の名前分かってんじゃん。

もう散歩中吠えても怒らないから、名前呼んでも振り向いてくれなくったっていいから、散歩も雨の日だって毎日連れて行ってあげるから…
もう一回蝶々一緒に追いかけようよ。
ダメ犬だっていったけどさ、本当は大好きだったんだよ。

守ってあげられなくてごめんね。

あれから一年たった今でも思うのは、チロルはちゃんと幸せだったのかなってこと。

もしかしたら幸せだったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない。

どちらにしても、どうか天国でチロルが幸せに暮らしてればいいななんて、本気で願わずにはいられません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする