東日本大震災で引き裂かれた絆



俺の彼女は可愛くて、スタイルよくて、性格よくてまさに完璧だった。

高校に入る前に一目惚れした。

彼女も一目惚れしたらしく、告白してくれて喜んで付き合った。

俺は彼女に夢中になった。

彼女とは別の高校だったが、彼女が可愛くて可愛くてたまらなかった。

ほぼ毎日遊んだ。
しかも俺に「はじめて自分から好きになった」って言ってくれた。

俺らはケンカもなくほぼ毎日遊んだ。
高校生ということも忘れるくらい。

地震の前の日には
二日後に遊ぶ約束をしてバイバイした。

次の日学校にいる時に「東日本大震災」がきた。
俺は彼女に連絡した。

通じない。

俺の家の前まで津波がきていて、彼女の家が海の目の前という事もあり心配になった。

夜真っ暗闇の中彼女の家の近くまで来たが、冠水していて先に進めなかった。

次の日からその場所は
警察官が通行止めをして通れなくなっていた。

徐々に心配が不安になっていった。

地震から1週間後。
彼女と再開出来たのは遺体安置所でだった。

俺は正直彼女の遺体を見たくなかった。

周りには損傷が激しい遺体がある中、 俺の彼女の遺体はすごくキレイだった。

どうやら母親と父親と
車で避難途中に津波にのまれたらしい。

俺は号泣した。

俺は身内でもなく、彼女の遺体を見に来たので、付き添いの警官もいるし、本当は抱き締めてあげたかったけど、頭を撫でるのみしかできなかった。

彼女の遺体と父親、母親の遺体は親戚に引き取られて
無事火葬されました。

震災から2年経った今も
俺は親戚の家の彼女の遺影に毎日会いにいってます。

震災の前の日に撮ったプリクラを見ると、この日に戻ってほしい気持ちと
彼女に会いたい気持ちでいっぱいになります。

それからと言うもの毎週土曜日は
彼女が会いに来てくれてるような気がして、、、、

涙が出ます。

いまだに彼女なしですが、不思議と寂しさはない。

「ただ彼女ともう一回会いたいです。」

好きって言って抱きしめたいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする