【恋愛の泣ける話】マーメイド



1年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった
本当は彼女と行きたかったけど春が来る前に別れてしまった
仕方なく、男3人で南国へ向かった

講習を受けて実際に海に潜ると感動に近い気持ちになった
ずっと憧れていた海中の静かな世界がそこにあった
写真やテレビの映像で見たことはあっても実際に自分の目で体で感じる世界は違っていた

興奮して海の中を見渡す俺の視界の中に突然その子は入ってきた
人魚のように流れるようにきれいに泳ぐ姿に一瞬で見とれてしまった
その子は初心者ではなく上級者ではないかと思える程だった
実際1人で潜っていて、たまたま俺達のグループの近くまで泳いできたらしい

海から上がってゆっくりしていると彼女も上がってきた
海の中ではあまりわからなかった彼女の顔は俺のタイプだった
つい目で追ってしまった俺は友達にからかわれた
彼女と目が合っても目が逸らせずにいると彼女は少し困ったような顔で苦笑いをした

翌日のダイビングの時にも彼女は現れた
偶然に違いないと思っても海の中を自由に泳ぐ彼女から目が離せなくなっていた
きっと最初に見た時に恋に落ちていたんだろう

でも俺は彼女のことを何も知らない
名前さえ知らなかった
それなのに自分でも不思議な位に惹かれていた

結局俺は彼女と何も話せないまま、旅行を終えた
現実に戻った俺はだんだん彼女と出会ったことは幻だったのかもと思うようになった
忙しい日々の中で彼女のことも忘れていった

その日俺は友達に呼び出されて水族館の入り口にいた
俺を呼び出したのは一緒にダイビングに行った友達だった
友達には彼女がいるはずなのになんで男2人でと疑問に思いつつ、半ば強引に約束させられたのだ

約束の時間になっても友達は来なかった
俺は連絡しようとスマホを取り出した

人影に気づいて顔を上げるとそこには彼女がいた
何故か彼女も俺と同じように俺を見て驚いていた
2人で話して友達に仕組まれたと分った

俺と彼女は一緒に水族館を見て回ることになった
せっかくだから、と言ったら彼女もOKしてくれたのだ
一緒に魚を眺めながら彼女といろいろ話すことが出来た
彼女はこの水族館で働いていて偶然、友達に会ったらしい

友達のおかげで再び出会えた俺と彼女は友達を経て付き合うようになった
海の好きな彼女とのデートは海や水族館になる事が多い
彼女と一緒に海に行く度に最初に出会った日のことを思い出す
彼女と手を繋いで潜る海の中はあの日よりももっとキラキラと輝いている



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする