派遣のおじさんとの約束



数年前の話です。

僕が大学生の頃、日雇いのアルバイトをしていました。

事務所に電話をかけて、翌日のアルバイトの予約をして、現場に行って働いていました。

主にやっていた仕事は、引っ越しや移転、倉庫のピッキングでした。

そこで出会ったある人のことをお話します。

その人は50代前半の男性でした。

僕はタバコを吸わなかったので、喫煙所のない休憩室で休憩をしていました。

そのおじさんもタバコを吸わないということもあり、いつも一緒に休憩していました。

おじさんの見た目は、銀行や市役所の重役のような雰囲気で、整った白髪頭に度の強い眼鏡をかけていました。

ずっと疑問だったのは、なぜこの人がこの仕事をしているのかということでした。

よくよく聞くと、平日は普通の仕事をしていて、土日だけこの仕事をしているとでした。

仕事は、公的機関とのことでした。

家族の住む家に帰らずに一人でアパートに住んでいて、生活費が不足しているため、アルバイトをしているということでした。

その理由については、妻との関係が悪くなり、家に居づらくなったとのことでした。

浮気をしたわけでもなく、子供とも仲が悪いわけでもないものの、妻に対する感謝の気持ちなどをうまく表せなかったため、関係が悪化したとのことでした。

それであれば、感謝の気持ちを伝えて家に戻ればいいのにと思ってしまうのですが、不器用な人なのかそれができないままになっていたようです。

それでも、外で子供と会って仲直りの仲介をしてもらう努力を続けているとのことでした。

日雇い派遣の仕事ですが、登録していた派遣会社がメインの派遣先との契約を解消したことなどもあり、徐々に派遣先が減っていきました。

もともとは倉庫で働いていたのですが、その職場がなくなり、移転がメインになりました。

僕は大学を卒業し、就職することになりました。

派遣アルバイトも辞めることになり、おじさんとも別れることに。

そのおじさんの行く末が気になったので、最後に会ったときに、「家族のもとに戻れたら連絡をしてほしい」と言っておきました。

4月になり、就職した会社の研修を受けていた時に、おじさんから電話がかかってきました。

「家族の住む家に戻った」とのことでした。

おじさんは、私との約束を忘れていなかったのです。

それ以来、そのおじさんと会うことも、電話をすることもありませんが、きっと家族と元気で暮らしていることでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする