彼女一覧

最愛の人

彼女も薄々気がついてはいたようだった。 それから三日後の朝、俺はテレビの前で愕然とした。 瞬きすらできないまま、立ち尽くしていたと思う。 気がついたときには、携帯を握りしめて、知り合いに片っ端から電話していた。 全部、繋がらなかった。