悲しい片思い



学生時代に初めて好きな人ができ、幼稚園などかなり小さい頃を除くと好きな人ができたのは初めてのことで、自分でも初恋の感覚にどうしたら良いかわかりませんでした。もともと異性と話をすることはあまり得意な方ではなかったし、それに加えて好きになった相手は先輩で自分から声をかけることも考えられませんでした。だからと言っていきなり告白しても成功するはずもないし、もちろん告白する勇気もなく数ヶ月はそのままの状態でしたが、たまに学校内で先輩を見かけるだけでときめくし、幸せな気持ちになれました。

しばらくして同じクラスの男子がその先輩と話しているのを目撃し、知り合いなんだと驚く気持ちともしかしたらチャンスかもしれないという気持ちが芽生えました。同じクラスの男子に相談してみたところ、連絡先を交換できることになり本当に嬉しかったです。でも、交換したは良いものの、連絡先を聞いたということは好きということがバレるということだし、恥ずかしいという気持ちが強くて行動できませんでした。それに、私の顔もきっと知らないだろうし、もし会って見た目で嫌だと思われたらどうしようという不安もありました。

その後しばらくはメールのやり取りだけで、二ヶ月ほど経過したときに連絡先を教えてくれた男子から、誰か教えたので顔は知っているはずだと言われました。それならば、と次に学校ですれ違ったときに思い切って挨拶をしてみると、先輩も挨拶してくれたので本当に嬉しかったです。連絡はしていましたが、頻繁にメールをするタイプではないようで、二、三日後に返事が来るということも珍しくはありませんでした。一度だけ一緒に帰りましたが、緊張してあまり喋れませんでした。でもそれでもとても嬉しかったしドキドキしたのは確かです。

そうこうしている間にバレンタインになり、このチャンスを逃したらもう次はないと思ったので、思い切って呼び出しました。気持ちを伝えると、ありがとうと言ってくれました。ホワイトデーにはお返しももらいましたが、その日の夜に実は恋人がいると告げられました。一体いつから居たんだろうという気持ちと、なぜ教えてくれなかったのかという気持ちで本当に悲しかったです。でも、考えてみれば最初から恋人がいるか知らなかったし、連絡を取っている中でも聞いたこともありませんでした。初恋で何も分からなかったし、聞くことも怖くて勇気が出なかったのが悪いんだなと思いますが、学生時代の一年以上をかけて片思いをし、こんな結果になり本当に悲しい気持ちでいっぱいでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする