日本航空123便墜落事故の乗客が家族へ宛てた遺言



大阪商船三井船舶神戸支店長だった河口さん(52)の遺言です。遺体の上着の胸ポケットに 入っていた手帳に7ページにわたって書かれていました。

マリコ
津慶
知代子
どうか仲良く がんばって
ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因は分らない
今五分たった
もう飛行機には乗りたくない
どうか神様 たすけて下さい
きのうみんなと 食事をしたのは
最后とは
何か機内で 爆発したような形で
煙が出て 降下しだした
どこえどうなるのか
津慶しっかりた(の)んだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今六時半だ
飛行機は まわりながら
急速に降下中だ
本当に今迄は 幸せな人生だったと感謝している



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする