あの頃のまま



私はその日両親、妹と住宅展示場に来ていました
家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました
私はいろいろ予定があり住宅展示場に来るのはこの日が初めてでした
家が新しくなることに家族全員がわくわくしていました

住宅展示場の家はどれも平均よりも高級で夢のような気分でした
両親もあくまでも参考にする程度で知識としていろいろと見ていたのだと思います

そんな時に突然、背後から名前を呼ばれました
私が振り向くとそこには私と同じ年齢くらいの男性が立っていました
「久しぶりだな~元気だった?」
私は男性の顔を見てもすぐには誰なのか分かりませんでした
男性のスーツの胸元の名札を見てはっとしました
彼は小学校時代の同級生でした

私は展示場内を案内してくれる彼の横顔を見ながら、小学校の頃を思い出していました
小学生の私は彼に淡い恋に近いような好意を持っていたのです
展示場で再会した彼は背が高く、とても感じが良く思えました
すっかりカッコよくなっていた彼の笑顔だけはあの頃のままでした

その日、私は久しぶりに小学校の卒業アルバムを開いてみました
昔の彼の写真を見て、展示場での彼を思い出していました
あの頃と同じ笑顔の彼に再会して一瞬で好きになっていたんだと思います

きっとあの展示場に行けば彼にまた会えるだろう
でも自分から会いに行くことも出来ずに数か月が経ちました
ある日1人で街中を歩いていると向こうから彼に似た人が歩いてきました

距離が近づくにつれて、お互いに気づきました
彼も1人でした

その日2人でカフェに入り連絡先を交換しました
それからメールでお互いにたわいもない話をするようになりました

展示場で再会してから約半年経った頃に初めて食事に行きました
その帰り道の彼の言葉に私は泣いてしまいました
「初恋の相手だったんだ、良かったら付き合ってください」

こんな再会があるなんて思いもしませんでした
私は彼に再会出来て本当に幸せです



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする