「最期まで笑顔で」誓った双子



私には双子の妹がいます。名前はあやか。

私たちはそっくりすぎるほどよく似ていて、両親もたまに間違えるほどです。

でも性格は全く違って、あやかは昔からとても活発で明るい性格でした。

いつも前向きで、運動をするのが大好きな子でした。

一方わたしは、ネガティブで体を動かすことがあまり好きなほうではありませんでした。

でもあやかと一緒ならどこへ行くのも何をするのもとても楽しかった。

あやかは中学、高校で柔道をしたり専門学校ではバスケットをしたり、社会人になってからはボクシングを始めていました。

いつも元気で明るいあやかのまわりには、たくさんの人が集まってくるような、まるで太陽のような子でした。

わたしはそんなあやかにいつも憧れていました。

そんな彼女をある病魔が襲いました。乳がんでした。発見されたときにはすでに末期状態で、余命1ヶ月を宣告されました。

運動が大好きで、いつも元気に動き回っていたあやかが、なんで。

その想いでいっぱいでした。辛くて悲しくて、毎日毎日涙が止まりませんでした。

でもあやかは

「まだ1ヶ月あるやん。あと1ヶ月、なにしようかな~。どっか旅行いかへん?くよくよしてる時間がもったいないわ!」

そういって携帯を取り出して宿泊先や航空券を調べていました。

あまりの前向きさに驚きながらも、朝まで旅行の計画を立て始めました。

一番辛いはずのあやかがこんなに前向きに頑張っているんだから、最期まで楽しい思い出いっぱい作ってあげよう!そう心に決めました。

余命の1ヶ月があっという間に過ぎて、私たちの目標は最期の思い出を作ることよりもガンを克服することに自然と向いていました。

北は北海道、南は沖縄まで、あやかの行きたいところにたくさん行きました。

毎日あやかの笑顔を見ていると、本当にガンは消えてなくなるんじゃないかと思えてきました。

でも現実はそう甘くはありませんでした。

順調に快方に向かっていると思われていた矢先、急に状態が悪化しそのまま入院をすることになりました。

またわたしは毎日泣いていました。このままあやかがいなくなったらどうしよう。

そんなことばっかり考えていました。

するとあやかが

「なあ、私らそっくりの双子やからわかんねん。お姉ちゃんが泣いてたら、私が泣いてるの一緒。お姉ちゃんが笑えば、私が笑っているのと一緒やで。」

「やからな、約束してや。最期までずっと笑顔でおろ。みんなにあやかとお姉ちゃんの笑顔見せたろ。」

その日から私は涙を封印しました。あやかのために、あやかを支えてくれている人のために常に笑顔でいると二人で約束しました。

それが二人でした最後の約束でした。

あやかは29歳という若さでこの世を去りました。常に笑顔でいると約束したはずなのに、あやかを想うと涙が止まりません。

ふと空を見上げると、「お姉ちゃん!笑顔やで!」そうやって怒ってくるあやかの声が今でも聞こえてきそうです。

二人で行ったたくさんの旅行の写真を見ながら、あやかの笑顔を常に思い出します。

最期まで、そしてこれからも笑顔で。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする