素敵な先生



俺のばあちゃんから聞いた、ばあちゃんの小学生時代の話をする。

ばあちゃんの小学5年生の時の担任の先生、島田先生はとてもいい先生だったそうだ。

とても熱心で生徒思いの先生だったらしい。

そのころ、ばあちゃんのクラスメートに和代さんという友達がいた。

長い黒髪がとても美しい、日本的な美人だったそうだ。

だが、当時は戦後まだ間もない頃ということで衛生事情も良くなかった。

とても残念なことに「アタマジラミ」が原因で(当時非常に多かったらしい)自慢の長い黒髪をバッサリ切らなければならなくなってしまった。

5年生とはいえそこは1人の女性。

自慢の髪が短くなってしまったことはとてもショックだった。

すっかり短くなってしまった髪が気に入らない和代さんだったが、それよりも他の生徒から「男の子みたいだ」とからかわれ始めたことで「もう学校なんて楽しくない」と落ち込むようになった。

「長い髪に戻りたい」と泣く和代さんを見て、担任の島田先生は心を痛めた。

和代さんは泣いて勉強にも集中できない状態だった。

そして、短くなった髪を隠すためか帽子を被って登校するようになり、帽子を脱ぐことを拒否するようになっていた。

そして、そんな和代さんへの級友たちのからかいもエスカレートしていったそうだ。

島田先生はなんとかしてクラスの生徒らに和代さんのショートヘアを受け入れてほしいと考えた。

児童らに映画スターの写真などを見せて「ショートヘアの女性もいるし、ロングヘアの男性もいる」と説明した。しかし残念ながら、児童らの心にはあまり響かなかった。

そしてついに島田先生はある決断をした。

それは自分の自慢の黒髪ロングヘアを和代さんと同じようにショートにする、というものだった。

これまで髪をショートにしたことが一度もなかった島田先生は、その決断をするまでに丸一週間かかったそう。

だがついに、腰まであったロングヘアをバッサリ切ったんだ。

伸ばし続けてきたロングヘアをカットすることは女性にとっては一大決心のいるもの。しかし島田先生は、自分のロングヘアをキープすることよりも児童の心に寄り添う気持ちを優先したそうだ。

島田先生は、和代さんとお揃いの髪留めも買い、教室で一緒に着けた。

その結果、児童らは、島田先生のショートヘアをとても気に入ったようだった。特に和代さんは、島田先生が自分と同じショートヘアで現れたのを見ると、人知れず泣いていたそうだ。

その後クラスメートらが和代さんのショートヘアをからかうこともなくなり、和代さんも以前の明るさを取り戻したそうです。

勉強を教えることだけが先生の仕事ではない。

身をもってそれを示してくれた島田先生。

そんな先生、今の時代にもいてくれたらいいのにな。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする