一流企業の就職を蹴って手に入れた学歴



当時、僕は愛知県内の大学に通う大学生だった。

大学4年になり就職も決まり、卒論の準備を進めていた。

僕の大学は愛知県内の私立大学。

全国的には有名ではないが、県内ではそこそこ知名度の高い大学だった。

愛知県と言えば、トヨタ自動車が有名だが、僕は運よくそのトヨタ自動車の関連会社に就職が決まっていた。

卒業まであと半年という時期に、世間であるニュースが。

東北地方の国立大学で採点ミスが判明したということだ。

偶然の一致なのか、僕が受験した大学だった。

なにやらプログラムのミスで、得点が調整されておらず、本来合格のはずの受験生が多数不合格となっていたとのこと。

「どうせ自分には関係ない」と思っていたある日、その国立大学から電話がかかってきた。

採点ミスで不合格となった受験生の一人が自分だった。

その大学は入学した私立大学の受験料を補てんしたり、さまざまな支援を行うとのことだった。

さらに、その大学に入学させてもらえるとのこと。

「就職も決まっているし、何をいまさら・・・」と思った。

その瞬間、ふと、あの時の気持ちがよみがえってきた。

愛知県という土地は、国立大学志向が強く、国立大学と私立大学ではその後の人生が違うとまで言われている。

自分も、親も国立大学に進学することを強く願っていた。

でも、その願いが叶わず、失意のまま地元の私立大学に進学することになった。

「国立大学に入学したい」という気持ちが日に日に強くなっていった。

大学4年生になった僕は、大学を中退して、東北地方の国立大学に入学することにした。

決まっていた内定先の企業も辞退した。

それから、入学した国立大学に2年間在籍し、全く別の会社に就職した。

就職先の会社は、この事件に対して理解を示してくれている会社だった。

あれから、もう10年経過した。

大学に落ちた時の事、その大学から3年後に電話がかかってきた事。

あの時、そのまま国立大学への入学を辞退して、就職していたらどうなっていただろうか。

今は、決して大きいとは言えない会社で働いています。

一流企業の関連会社の社員として、何不自由なく生活していたはずだ。

でも、これでよかったと思っている。

お金は得られなくても、納得のいく学歴を手に入れられたから。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする