最高の彼氏



交通事故に遭って左半身に少し麻痺が残り、 日常生活困るほどではないけど、歩くとおかしいのがばれる。

付き合い始めの頃、 それを気にして一歩下がるように歩いてた私に気付いて 手をつないで一緒に並んで歩いてくれた。

家に帰ってから訳を聞かれて
「○君に恥ずかしい思いをさせたくなかったから」
って言ったら

「どうしてそんな考え方をするんだ」
と怒られたので

「大好きだった○君と付き合えてるだけで幸せだから。私と付き合うことで○君に少しでも嫌な思いをさせたくないから」
と言ったら

泣きながら私の両手を持って、目の中を覗き込むようにして諭してくれた。

「俺はお前と付き合ってあげてるわけじゃない。 俺がお前を好きで一緒にいたい、付き合いたいと思ったから付き合ってるんだ。お前の体のことなんか、ずっと前から知ってたけど、一緒に歩いて恥ずかしいなんて一回だって思った事はないよ。お前がそんな風に考えてるのが俺は悲しい。俺に気を使わないで。自分の事を恥じないで。もっと自信をもって胸を張ってほしい。ずっと並んで歩こうよ。お前は俺の自慢の彼女なんだから」

私のことをここまで思ってくれる人には絶対会えないと思う。 すごく嬉しくて、涙が止まらなかった。

今は、どこに行くときも並んで歩いています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする