がんばろうや



親父がサラ金で借金を作って逃げた。

それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。

友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。

「あんたは強い子やな」

なんて言っとるけど…。

「ずっと一緒に暮らしよった親父やぞ!!」

と言いたいけど、言える訳もなく。

それでつい彼女に当たってしまいました……。

いつものように、また喧嘩かなと思いました。

でも、彼女は

「私で良かったら支えちゃるし、助けてあげる。

でも、あんたはお母さんの支えになってあげないかんやろ?

がんばろうや。

辛いことあったら私が支えになっちゃるし、聞いてあげるけん。

がんばろ?」

俺の片想いから、必死のアプローチで付き合ってくれた彼女の言葉です。

馬鹿みたいに泣いてしまいました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする