がむしゃらだった、初恋



学生の頃、大好きだった人がいました。好きで、好きで、好きで。
17歳から、22歳まで。5年間、彼のことだけを考えて生きていました。

でも、大学卒業後、うまく就職ができなかった彼。
フリーターというよりほぼニートのようになってしまって、生活も自堕落になっていってしまいました。

私はそれでも、彼のことが大好きで、好きで好きで好きで・・・仕方がありませんでした。
初めての恋、初めてのキス、初めての・・・すべての初めてを、彼としたんです。

彼もわたしを愛してくれていたとは思います。
でも、付き合いが長くなるにつれて、彼はわたしを当たり前の存在として、大切にしなくなりました。
親友にも付き合うのを止められ・・・。「人に心配をかけるような恋なら、しないほうがいい。」と言われました。

大好きだけど、愛してるけど、一緒にいてもお互いのためにならない。
別れようとついに決心し、私は、はじめて彼に「さようなら」を言いました。涙が止まりませんでした。

あれから十年が経ちました。先日、駅で偶然にも再会したんです。運命かと思いました。
いま、どうしてるの?・・・
あのときは・・・
など、ぽつりぽつりと思い出を話しました。

彼が、「あのときは、俺が悪かった。愛してたことは、本当だから・・・。」と泣きそうになりながら言ってくれました。

彼には、もう奥さんも、子どももいるそうです。
もう、戻れない、私のおさない恋。一番きれいな私を、きっとぜんぶ捧げた人。
結ばれることはなかったけど、ずっと彼のことは大切に思いながら、生きていくとおもいます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする