横柄な飼い主



私はあるペットクリニックに勤めています。

そこでで起こった悲しい出来事をお話します。

40代くらいの男性がポメラニアンを連れてよく来ていました。

その人が購入したペットショップの提携の獣医師が私の病院の先生だったという縁で、紹介の形でワクチン接種などで来ていました。

でも、その人は態度があまりよくないため、そのクリニックでは評判がよくありませんでした。

いろいろと細かい点に注文を付けてきました。

「注射の仕方が雑だ」とか「診察台が高すぎる」とか。

その男性が来るようになって6年ほど経過したころでしょうか。

最近、愛犬のポメラニアンの体調がよくないとのこと。

先生が検査をしたところ、内臓に大きな腫瘍ができていました。

癌が転移しており、手術もできない状態となっていました。

獣医師の先生は、その人に「もう手の施しようがありません」と伝えました。

すると、「このやぶ医者!病気も治せないのか!」と言い放ち、犬を連れてそのまま出て行ってしまいました。

皆で「何あの人!」とか、「いつものことか」など話をしていました。

私はふと、待合室に一つのポーチがあることに気づきました。

あのポメラニアンの飼い主が忘れたものでした。

私は急いでまだ近くにいるはずの飼い主に届けようと、ポーチをもってクリニックを飛び出しました。

そこで見たものは、駐車場に止めた車の中で愛犬のポメラニアンを抱えて、涙をボロボロと流す飼い主の男性。

私は声をかけることをやめて、そのままクリニックに戻ってきました。

他の人には「もう帰ってしまった」と伝えました。

そして、そのポーチの中を開けてみると、最初の診察の時からの領収書などがきれいに整理されて、すべて入っていました。

その瞬間、その男性がいかに、愛犬を愛していたのかが分かりました。

その男性がクリニックに足を運ぶことは二度とありませんでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする